転職サイトを使って転職で失敗するPT・OT・STの特徴

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者の中には、転職時に転職サイトを利用する人が少なくありません。

 

転職サイトとは、転職支援会社が運営しているサイトであり、PT・OT・STの転職活動をサポートしてくれるサービスです。実際には、担当のアドバイザーがついて、あなたに求人情報の紹介から、面接におけるポイントの指導など、転職活動全般に渡って支援してくれます。

 

こうした転職サイトを上手く活用することで、多くのPT・OT・STは理想の転職先を見つけて転職を成功させています。

 

しかし一方で、転職サイトを利用しても転職が上手くいかないケースもあります。そして、このように転職サイトを使って転職に失敗した人にはいくつかの共通した特徴があります。

 

そのことを理解した上でPT・OT・STが転職サイトを活用すると、転職で成功する可能性が非常に高くなります。

 

そこで今回は、「転職サイトを使って転職で失敗するPT・OT・STの特徴」について解説します。

 

電話でのやり取りをしない

PT・OT・STが転職サイトを活用する際に、まず重要になるのが「電話でのやり取りを行う」ということです。

 

転職サイトを使う際には、転職サイトのアドバイザーと情報のやり取りをしなければいけません。まずはあなたの現状や希望などをアドバイザーに伝えることで、アドバイザーが聴取した情報を元に求人情報を探索してくれます。

 

そして、そうしたアドバイザーとの連絡方法には、「電話」と「メール」の2つがあります。

 

電話でのやり取りを行う時間がない人や、電話で話すことが苦手な人にとっては、メールでのやり取りは便利なものです。空き時間を使って情報を交換できる上に、文面上でのやり取りなので、アドバイザーにあまり遠慮することなく希望を伝えることができます。

 

ただ、実際にPT・OT・STが転職サイトを使う際には、アドバイザーと電話のやり取りを必ず行うようにしてください

 

それは、メールでのやり取りだけでは、あなたの希望や要望が伝わりにくいだけでなく、アドバイザーが求人を探索したり紹介したりする優先順位が下がってしまうためです

 

転職サイトを使って転職に失敗するPT・OT・STは、アドバイザーとのやり取りをメールで済ませようとします。そしてその結果、アドバイザーに情報が上手く伝わらず、見当違いの求人を紹介されたり、全然求人を紹介してもらえなかったりします。

 

そうしたことを避けるためにも、PT・OT・STが転職サイトを活用する際には、必ずアドバイザーと電話でのやり取りを行うようにしましょう。

 

非積極的・遠慮気味

PT・OT・STが転職サイト活用する際に、勘違いしやすいことがあります。それは「転職サイトに登録した後は、アドバイザーに全てを任せて良い」ということです。

 

確かに、転職サイトに登録した後は、求人情報の探索などはプロであるアドバイザーに任せておいた方がよいです。ただ、あなたは何もしなくて良いわけではありません。あなたが行うべきことは、アドバイザーと蜜に連絡をとってあなたの希望をしっかりと伝えることです。

 

アドバイザーは、あなたと同時に他のPT・OT・STの転職活動を支援しています。その中で、「早く理想の転職先が見つかりそうな人」「ちょっと転職には時間がかかりそうな人」など、優先順位をつけています。

 

そして、もしあなたが非積極的でアドバイザーに対して積極的に連絡を取っていなかった場合、あなたの優先順位はどんどん低くなってしまいます。

 

その結果、アドバイザーからの連絡も少なくなり、結局は求人サイトなどを使って自分自身で求人情報を探すことになります。

 

そうしたことを避けるためにも、PT・OT・STが転職サイトを使う際には遠慮せず、積極的に遠慮せずにアドバイザーを活用するようにしましょう。そうすることで、あなたの要望がしっかりと理解された上で、求人情報もたくさん紹介してもらうことができるようになります。

 

また、アドバイザーと相性が合わなかったり、アドバイザーの働きに不満があったりする場合には、遠慮せずにアドバイザーを交代してもらいましょう

 

同じ転職サイトの中でも、アドバイザーの性格や頑張りは人によって異なります。そして、担当のアドバイザーと上手くいかなかった場合には、遠慮せずにアドバイザーを交代してもらってください。

 

アドバイザーを変えるとなると、相手に悪いような気がして遠慮しがちです。しかし実際には、多くの人がアドバイザーを交代してもらっていますし、転職サイト側もスムーズにアドバイザーを変えてくれます。

 

このように、PT・OT・STが転職サイトを使う際には、積極的かつ遠慮なく活用することがポイントになります。

 

今回述べたように、PT・OT・STで転職サイトを使って転職で失敗する人には、「アドバイザーと電話でやり取りしない」「非積極的・遠慮気味」という特徴があります。

 

もし転職サイトを使って転職活動が上手くいっていない場合には、あなた自身にこうした特徴がないかを確認するようにしましょう。そして、あなた自身に問題があるのであれば、もう一度転職サイトの活用方法について考えるようにしてください。

 

実際に転職サイトは非常に有効なものですので、できる限り上手く活用することをお勧めします。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト