PT・OT・ST専門転職サイトが無料で使える理由:報酬体型

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者の中にも、転職サイトを活用して転職を成功させる人は多くいます。むしろ、転職サイトを利用することは、転職を成功させるための重要な要素だといえます。

 

そして、PT・OT・STが利用する転職サイトは、基本的に無料で利用でき、アドバイザーによる求人紹介や転職活動サポートを受けることができます。

 

多くのPT・OT・STは、このようなサポートを無料で利用できることを不思議に思うかもしれません。中には、転職支援を「ボランティア」で行っていると考えている人もいます。しかし実際には、当然ながら転職サイトはボランティアではなく、しっかり収益を出しています。

 

そこで今回は、転職サイトの報酬体型について述べ、「PT・OT・ST専門転職サイトが無料で使える理由」について解説します。

 

 転職サイトの顧客は企業
多くのビジネスは、企業側と顧客が直接やり取りを行います。理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ関連職であれば、リハビリスタッフ(企業)と患者さん(顧客)という具合です。

 

他にも、コンビニでも「店員とお客さん」というように、顧客に直接物を売り、その対価としてお店はお金をもらいます。このような取引を、ビジネスの世界では「B to C 取引」と言います。

 

BはBusiness(企業)、CはConsumer(顧客)を指し、企業が販売し一般消費者が購入する取引形態です。

 

他にも以下のような取引があります。

 

 ・B to B(Business to Business)
企業間の取引であり、メーカーと卸売間などの商取引を指します。

 

例えば、広告会社がイラスト会社へ広告に載せるイメージキャラクターのデザインを依頼し購入する場合は、B to B取引になります。

 

 ・C to C(Consumer to Consumer)
消費者間の取引を指し、フリーマーケットやオークションなどが例として挙げられます。

 

転職サイトのビジネス形態は、一見すると「B(転職サイト) to C(求職者)」のように思えるかもしれません。しかし実際には、転職サイトのビジネス形態は「B to B」になります。つまり、転職サイトという会社(B)と、転職者であるPT・OT・STを紹介してほしい病院(B)との取引です。

 

そのため、転職サイトの顧客は病院や施設ということです。

 

 転職サイトの報酬体系
転職サイトは、「B to B」のビジネス形態によって収益を得ており、病院や施設を相手にビジネスを行っています。そのため、報酬は病院から受け取ることになります。

 

つまり、転職サイトは「サイトに求職者を集め、病院や施設へ紹介する」という仲介役です。

 

そして、ほとんどが「完全報酬型」の課金システムを利用しています。完全報酬型とは、紹介者の転職が決まり、出勤が確認された時点で報酬を渡すというものです。企業は実際に転職者が入るまでは転職サイトにお金を一切払う必要がありません。

 

具体的には、転職が決まった人における年収の20〜35パーセントを報酬としているところが多いです。

 

例えば、年収600万の人が転職サイトを利用して企業への転職が決まったとします。その転職サイトの報酬が年収の30パーセントであれば、企業は転職サイトに180万円の報酬を支払う必要があります。

 

このように、企業が転職サイトを利用して採用活動を行った場合、無料で掲載できる求人サイトと比較して多額の費用がかかることになります。

 

それほど企業にとって転職サイトは、高い報酬を払っても利用する価値があるものだと認識されています

 

今回述べたように、PT・OT・STが利用する転職サイトのビジネス形態は「B to B取引」であり、企業が転職サイトに報酬を払っているため、求職者であるPT・OT・STは無料でアドバイザーによる豊富なサービスを受けることができます。

 

こうした転職サイトのビジネス報酬形態を考えることで、転職サイトを無料で利用することができる理由を理解することができます。

 


リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト