PT・OT・STが中間管理職になるメリット・デメリット

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などリハビリ職者の中には、「キャリアアップして管理職に就きたい」と考えている人が少なくありません。

 

PT・OT・STが中間管理職に就くことで、給料や年収が上がることはもちろんのこと、経歴を高めることにもなります。そのため、キャリアアップすることは現状の生活を楽にするだけではなく、今後の転職活動などにもプラスになります。

 

ただ、PT・OT・STが中間管理職となった場合には、一般職ではしないような苦労をすることがほとんどです。私自身、中間管理職として働いた経験があるため、役職者ならではの大変さを理解できます。

 

そうした経験から、キャリアアップしたいと考えているPT・OT・STには、中間管理職になるメリット・デメリットの両面について理解しておいてもらいたいと感じています。

 

そこで今回は、「PT・OT・STが中間管理職になるメリット・デメリット」について解説します。

 

中間管理職とは

中間管理職とは、管理職の中でも上位の管理職者の指揮下にある役職のことをいいます。一般的には、役員は管理職者に含まれないため、役員の下に当たる部長は中間管理職としては扱われません。

 

ただ、ここでいう中間管理職には部長も含めます。今回は、役員でも経営者であっても、とにかく誰かの指揮下にある管理職者を中間管理職といいます。

 

そして、PT・OT・STが勤める病院における代表的な中間管理職には、副主任、主任、部長などがあります。具体的には、リハビリテーション部の部長、その下に理学療法科、作業療法科、言語聴覚科のそれぞれに主任、副主任という役職者がいます。

 

中間管理職者には、その役職以下にある部下(一般職者)をまとめたり、上位の役職者をサポートしたりする役割があります

 

例えば、リハビリテーション部長には、PT・OT・ST全体をまとめて管理する役割があります。ただ、部長1人でリハビリ部を管理することは大変かつ非効率的です。そのため、PT・OT・STを別々に管理するために、それぞれの科に主任という中間管理職者を置きます。

 

また、主任の仕事をサポートする人として、主任の下に副主任という役職者を配置します。

 

部長は、経営者が病院をスムーズに運営していくために就けた役職です。当然ながら、看護部や医療事務部などにも、部長という各部署をまとめる管理職者がいることがほとんどです。

 

そして、経営者はそれぞれの部長から情報を得ることによって、各部署の現状を把握したり、今後の方向性を決めて指示したりします。

 

このように、中間管理職には部下の状況を上司に報告したり、上司から受けた指示を部下に伝えたりする役割があります。中間管理職者となったPT・OT・STは、こうしたこと上司との連携を取りながら、部下の管理をしなければいけません。

 

PT・OT・STが中間管理職に就くことで得られるメリット

PT・OT・STが中間管理職者になることができれば、さまざまなメリットを得ることができます。そこで以下に、中間管理職に就くメリットについて記します。

 

待遇が良くなる

PT・OT・STが管理職になるメリットの中でも、多くの人が認識していることが「収入アップ」です。

 

管理職という役職に就くと、基本給や資格手当てに加えて「管理職者(役職)手当」が支給されるケースがほとんどです。そのため、当然ながら一般職よりも総支給額は高くなります。

 

ただ、管理職手当は職場によって全く異なるため注意が必要です。

 

例えば、あなたが以前働いていた職場では、副主任手当が1万円だったとします。その一方で、「転職先では副主任手当が3千円しか支給されない」ということもあります。

 

そして、中には管理職者として転職した後に「こんなはずじゃなかった」と感じる人もいます。

 

そうしたことを避けるためにも、もし管理職手当が気になる場合には「就業規則」を確認するようにしてください。就業規則は、職員であれば誰でも確認できるものであり、各種手当等の額が全て記載されています。

 

このように、管理職手当には、職場によって違うという注意点があります。しかしそうはいっても、管理職者になると給料が高くなることに違いはありません

 

たとえ数千円の手当であっても、年収にすると数万円高くなります。また、職場や役職の階級によっては、月に支給される手当が10万円を超えることもあります。

 

こうした収入アップは、PT・OT・STが管理職になることで得られる大きなメリットの1つです。

 

仕事に対する考え方が変わる

PT・OT・STが管理職になると、管理職手当が付くため収入が上がります。ただ、当然ながら手当の分だけ負わなければいけない責任や仕事量は増します

 

そうした、責任の重さや仕事の忙しさが嫌で、管理職に就くことを避けたがる人も少なくありません。しかし、こうした管理職だからこそ経験できることは、あなたの仕事に対する考え方を大きく変えることにつながります。

 

例えば、一般職であるPT・OT・STの多くは、主に患者さんを良くすることだけを考えて仕事を行います。そうしたことから、一般職者の多くは、経営者から患者さんのマイナスになるようなことを指示された場合に、反発することが少なくありません。

 

具体的には、「もっと患者さん一人当たりの対応時間を短くして1日の対応人数を増やすように」や「物理療法と理学療法の併用は、請求できる診療報酬が同じだから、どちらか一方だけにするように」といったことが挙げられます。

 

多くのPT・OT・STは、こうした指示を行う経営者に対して「お金儲けに走っている」と感じて反発心を抱きます。

 

病院で働く上で、このように患者さんのことを第一に考えて行動するのは当然です。ただ、いくら病院といっても慈善事業ではないため、利益を出さなければ潰れてしまいます。また病院は、医療保険制度という法律の下で成り立っているため、制度の変化に合わせた対応をしなければいけません。

 

そのため、病院の経営を維持していくためには、ときには患者さんの負担になるようなことを行わなければいけないこともあります

 

このようなとき、あなたが管理職に就いていると、一般職とは違った考え方をするようになります。管理職であるあなたは、経営者側の視点で物事を考えるようになっているため、経営者の指示の裏側にある意味を読み取ろうとします。

 

そうすることで、あなたは常に「なぜ経営者(上司)はこのような指示を出したのか?」ということを理解した上で仕事を行えるようになります。

 

このように、管理職に就くことで、経営者側の視点で物事を考えることができるようになります。そうなると、仕事に対する考え方が大きく変わり、結果的に高い意識を持ったり、モチベーションを維持した状態で仕事を行ったりすることにつながります。

 

転職時に有利になる

PT・OT・STが管理職を経験すると、仕事に対する考え方が変わり、仕事がより意欲的に行えるようになります。

 

また、そうした考え方の変化は、あなた自身のモチベーションにつながるだけでなく、将来的な転職にも有利に働くようになります。

 

基本的に病院の経営者は、病院の利益を第一に考えています。もしそうでなければ、病院を経営していくことができません。そのため、経営の視点で仕事ができるPT・OT・STのスタッフを雇いたいと考えている経営者は多くいます。

 

そうしたことから、管理職の経歴があるPT・OT・STは転職時に採用されやすくなります。

 

PT・OT・STが管理職に就くことで起こりえるデメリット

中間管理職者は、自分より上位の役職者と、部下である下位の職員との橋渡し役をする立場にあります。そうしたことから、中間管理職であるからこそ経験する苦労がたくさんあります。

 

特に、「人間関係の難しさ」や「事務作業の多さ」「数値管理の難しさ」は、中間管理職であるPT・OT・STの多くが感じていることです。

 

人間関係の難しさ

中間管理職は、その名の通り、上位の役職者と部下の中間的な存在になります。そうしたことから、人間関係に悩む人が少なくありません。その中でも、特に発言内容を意識しなければいけないことに、難しさを感じる人が多くいます。

 

例えば、職場の同僚とお酒を飲みに行ったときには、お互いに経営に関する愚痴などで話が盛り上がることは多々あります。これが、あなたが一般職であり相手とは先輩後輩という関係であれば、あまり話をする内容について深く考える必要はありません。

 

ただ、もしあなたが管理職者である場合には、少し発言を考えなければいけません。

 

管理職者における役割の1つには、「上司の指示を部下に伝える」というものがあります。そのため、中間管理職になると、役職者しか知らないような内部事情を把握していることが多くあります。

 

そうした際に、飲み会の席などで、ついつい管理職者しか知らないような情報を、後輩などに話してしまわないようにしなければいけません。

 

部下と会話している中で、「実はそのことに関しては上で話が進んでるんだけどな……」「自分も病院の愚痴を言いたいな……」と感じることは少なくありません。ただ、そのような場合でも、中間管理職である場合には、立場をわきまえた上で発言をしなければいけません。

 

このように、中間管理職になると、立場上言ってはいけないことが多く出てきます。そうしたことから、部下との関係に悩む人が少なくありません。

 

事務作業の多さ

中間管理職者であるPT・OT・STは、患者さんとのリハビリだけでなく、事務作業を行わなければいけなくなります。特に、目標の数値管理などは、ほとんどの管理職者が求められることです。

 

経営者は、病院を経営するために病院全体の売上を管理しなければいけません。そして、各部署における収益などに関しては、それぞれの部長に任せることになります。

 

また、部長は部全体を管理しないといけないため、PT・OT・STそれぞれの売上は各科の主任に任せます。

 

このように、中間管理職は自分の役位以下における業績管理が求められます。そのため、そうした売上などの数値管理を行わなければいけなくなります。

 

例えば、「月間来院者数」や「リハビリの総単位数」、それに対する「患者さんのリピート率」「算定した計画書数」など、さまざまな数値を出す必要があります。そしてそれだけではなく、算出した数字の結果から、現状を把握して今後の方向性を提案することまで行う必要があります。

 

中間管理職になると、こうした業績管理業務などを行わなければいけないため、必然的に事務作業が多くなります。

 

PT・OT・STの中には、このような事務作業の多さに苦労する人が少なくありません。

 

また、そのことに合わせて担当者数が少なくなれば、管理業務を行う時間をある程度確保することができます。しかし多くの場合は、患者さんの対応も他のスタッフと変わらず、それに加えて事務作業を行わなければいけません。そのため、当然ながら残業時間が増えます。

 

このように、管理職に就いたPT・OT・STの中には、事務作業自体だけでなく、仕事量の多さに悩む人も少なくありません。

 

数値管理の難しさ

既に述べたように、中間管理職者は各部や科の数値管理を任されることになります。そのため、経営者や部長などからは、目標の数値を達成することを求められます。

 

例えば、あなたが理学療法科の主任であれば、部長から「月に○○万円以上売り上げることを目標にしてください」などといわれます。そして、あなたはその目標を達成するために、さまざまな対策を考えて実践しなければいけません。

 

当然、目標を達成しなければ、上位の役職者から責められることもあります。また、その責任をとってボーナスなどが減らされることも少なくありません。

 

このように、PT・OT・STが中間管理職になると業績管理を行うことが求められます。そのため、その難しさや上司からのプレッシャーに悩まされる人も多くいます。

 

今回述べたように、PT・OT・STが中間管理職に就くと、さまざまなメリットを得ることができます。ただ多くの人は、実際に中間管理職者となると、さまざまなな苦労を感じることになります。特に、「人間関係」「事務作業」「業績管理」の3つは、中間管理職になったPT・OT・STが悩みやすいことです。

 

一見すると、キャリアアップして管理職に就くことは、給料も高くなるため良いことばかりに感じるかもしれません。

 

しかしその一方で、管理職になったときには、このような苦労をする可能性が高いということを理解しておいてください。そうすうことで、キャリアアップした後に「こんなに大変だとは思わなかった……」と感じて悩むことが少なくなります。


リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト